/ / /

妊娠中に取れる資格特集|短期間で取れて就職に有利なおすすめの資格

[最終更新日]  [公開日] 2019/9/19

妊娠中の空いた時間を使い資格取得を目指してみましょう!仕事につながる資格を持っていると「働きたい」と思ったタイミングでスムーズに職探しができます。

このページでは、ゼロスタートでも比較的短期間で取れる就職に有利な資格をご紹介します。

妊婦さんにおすすめ!短期間で取れる資格7選

横スクロールします
資格名 難易度 期間目安 おすすめポイント
医療事務 ★★☆☆☆ 3~6ヵ月 在宅受験可
全国の医療機関は10万以上あるので、求人需要が高めです。
調剤事務 ☆☆☆☆ 2ヵ月 在宅受験可
約2ヵ月で取れるので、すきま時間を利用して勉強ができます。
介護事務 ★★☆☆☆ 4ヵ月 在宅受験可
介護施設は増加傾向にありますが、介護事務の需要はあまり多くありません。
歯科助手 ☆☆☆☆ 4ヵ月 在宅受験可
求人は多めですが、20代の若い層が採用されやすいようです。
登録販売者 ★★★☆☆ 6ヵ月 国家資格
薬局以外でも医薬品を扱う店舗は増えているので就職先は多彩。
日商簿記3級 ★★★☆☆ 3ヵ月 経理、財務以外の事務系への就職でもアピールポイントにもなります。
MOS ☆☆☆☆ 1ヵ月 ワード、エクセルを使う企業は多いので汎用性が高い資格です。

おすすめの資格は、ページ下部でさらに詳しく解説しています。

妊娠期間中でも取りやすいのは、医療系と事務系の資格です。

医療系は就職先である病院・クリニックや薬局、介護施設などの数が多いのも有利に働きます。正職員だけじゃなく、パートやアルバイトでの募集が多いのも働き方が選べていいですね。

医療事務、調剤事務などは民間資格が数多くあり、在宅で受けられる資格もあるので、妊娠中でも取りやすくなっています。

事務系の仕事を目指すなら、簿記、MOSがおすすめです。

簿記は、会社の経理部、財務部への就職に有利に働く資格ですが、そこそこ難易度もあるので、それ以外の部署でも良いアピールポイントになります。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)は、マイクロソフトのOffice製品のスキルを証明する資格です。ワード、エクセルなどは会社では不可欠なので、様々な場面で活用できる資格です。

いずれの資格も、勉強方法は、通信講座、スクール、独学などがありますが、妊娠中は自宅で好きな時間に学べる通信講座がおすすめです。

通信講座だと最先端のスキルが効率的に身に付き、合格保証や就職サポートがある場合もあります。

人気の資格をランキングでチェック

150以上の講座から選べる「ユーキャン」

医療系の資格ならこちらがおすすめ

医療系専門の通信講座サイト「シカトル」

医療事務

医療事務

医療事務の仕事内容

医療機関での患者さんの受付、レセプト業務、カルテの管理などを行います。

レセプト業務とは、レセプト(診療報酬明細書)を作成し、健康保険、国民健康保険などから診療報酬を請求する業務です。

病院の収益に関わる大切な仕事なので、しっかりとした専門知識が必要とされます。

医療事務の需要、求人状況

時給目安800円~1200円
給料目安15万~23万

全国の医療機関の数は10万以上あるので、医療事務は常に需要のある仕事です。ステップアップのための転職や、引っ越しでの転職がしやすい仕事と言えます。

医療事務は主婦や子持ちに人気の職業なので、フルタイム以外の働き方も多いのもメリットです。

ただ、人気の資格ゆえに、実務経験者を優遇する求人も多く、希望の医療機関で働けないことも。

より良い条件で働くためには、派遣やパートで経験を積んでから、ステップアップするのがおすすめです。

通信講座での資格取得目安

受講料4万円~5万円
期間3~6ヵ月

医療事務はすべて民間資格で、「医療保険士」「医科2級医療事務実務能力認定試験」など、種類がたくさんあります。

通信講座によって目指す資格が違う場合がありますが、どの講座&資格も医療事務の仕事をするにあたって必要なスキルを得られるものなので、受講料やサポート体制などを比較して都合の良い講座を選びましょう。

⇒ 医療事務講座の資料が無料「シカトル」

調剤事務

調剤事務

調剤事務の仕事内容

薬局で接客、会計、レセプト業務、薬剤師の補助などを行います。

医療事務と似たような仕事内容ですが、医療事務は入院、手術、処置など病院の様々な医療行為を扱うのに対し、調剤事務は薬剤の分野だけに特化しています。

その分、学ぶ範囲も狭いので、短い期間で資格取得を目指せます。

調剤事務の需要、求人状況

時給目安800円~1100円
給料目安15万~22万

病院のそばに必ずある薬局の数は、現在全国に約59,000以上。年々増加傾向にあるため、調剤事務のニーズも高まっています。

勤務形態も色あり、しっかり働きたいなら正社員、子育て中ならパートタイマーなど、都合に合わせて選ぶことができます。

ただ、1施設に対して必要な調剤事務要因は多くないので、需要は医療事務より少し少ないと言ったところです。

通信講座での資格取得目安

受講料33,000円~
期間2ヵ月

調剤事務は、資格がなくても働けますが、有資格者の方が当然有利となります。

通信講座の受講目安は約2ヵ月と短く、すきま時間を利用して勉強ができるのが妊娠中でも取りやすいポイント。講座を経て、「医療保険調剤報酬事務士」「調剤事務管理士」などの民間資格の取得を目指せます。

⇒ 調剤事務講座の資料が無料「シカトル」

介護事務

介護事務

介護事務の仕事内容

介護士施設での受付、レセプト業務などを行います。

医療事務と似ていますが、介護事務に必要な知識は介護保険制度や介護報酬など。同じレセプト業務でも医療事務は「診療報酬明細書 」を作成し、介護事務では介護保険制度に基づいた「介護給付費明細書 」の作成となるなど、随所で内容は異なっています。

介護事務の需要、求人状況

時給目安800円~1200円
給料目安15万~23万

高齢化が進む日本では、介護関連の仕事の需要は高まるばかりですが、介護事務の仕事は介護施設で働く職員が兼任してやっていることが多く、求人は少なめの傾向があります。

ホームヘルパー、医療事務など他の資格も併せて取るなど、付加価値を高めると仕事の選び方も広がります。

通信講座での資格取得目安

受講料35,000円
期間4ヵ月

介護事務は「介護事務士」「介護事務管理士」などの民間資格がいくつかあります。

資格試験なしで、通信講座を一定の成績で終了することによって得られる資格もあります。

⇒ 介護事務講座の資料が無料「シカトル」

歯科助手

歯科助手

歯科助手の仕事内容

歯科助手は、医療事務のような事務作業もありますが、実際の治療で、歯科医師に器具を渡したり、バキュームで唾液を吸い込んだり、使用した器具の洗浄・消毒したりとアシスタントの役割も担っています。

歯科助手の需要、求人状況

時給目安800円~1100円
給料目安15万~22万

歯科医院は6万8千以上。最近では歯並びや歯の色など、歯に対する意識が高まり、審美歯科も増加傾向にあります。

歯科助手の求人は比較的多いですが、採用に関して歯科助手の資格を重視していない場合もあります。

資格なしでも働けることから若い人が多い傾向があり、30歳を過ぎると採用されにくい、という声もあります。

通信講座での資格取得目安

受講料37,000円~
期間4ヵ月

資格が必要な仕事ではないものの、持っていると面接時のアピールになります。

資格取得後、歯科衛生士へのステップアップにもつながります。

⇒ 歯科助手講座の資料が無料「シカトル」

登録販売者

登録販売者

登録販売者とは?

登録販売者は医薬品販売の専門家になれる国家資格で、主な仕事は薬局やドラッグストアなどでの医薬品の販売です。

今まで、医薬品の販売、説明、アドバイスなどは薬剤師しか行えませんでしたが、2009年の薬事法改正から、薬剤師以外でも医薬品を扱えるプロとして登録販売者が登場しました。

登録販売者の需要、求人状況

時給目安900円~1300円
給料目安16万~27万

薬剤師がいなくても医薬品を販売できるようになったため、薬局やドラッグストア以外でも医薬品を扱う店舗が広がり、スーパー、コンビニ、ホームセンターなど、登録販売者が活躍できる職場も多岐に渡っています。

医薬品販売の他、医薬品の専門知識を活かして製薬会社の営業、美容部員としても働けます。

通信講座での資格取得目安

受講料37,000円~
期間6ヵ月

国家資格でありながら、経験不問、学歴不問で受けられます。

合格率は40%前後と、他の資格と比べて難易度が高めですが、その分価値のある資格と言えます。

試験は年に一回なので、タイミングが合わなければ妊娠中の受験ができない場合も。

⇒ 登録販売者講座の資料が無料「シカトル」

日商簿記3級

日商簿記3級

日商簿記3級が活かせる仕事

会社の経理部、財務部への就職に有利に働く資格です。

簿記が最も活かせる仕事は会社の経理部です。入出金の管理や日々の取引の記帳などを行い、会社のお金の流れを正確に管理する重要な仕事で、簿記の知識は必須と言えます。

その他にも、会社の財務部や会計事務所、税理士事務所などでも簿記の資格は活かせます。

通信講座での資格取得目安

受講料39,000円~
期間3ヵ月

3級は基礎スキルなので、今後のキャリアアップを目指すなら2級、1級を目指すと良いでしょう。

⇒ おすすめ講座は、日商簿記3級の顧客満足度1位「ユーキャン」

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

MOSとは?

MOSは、エクセル、ワード、パワーポイントなどマイクロソフト社のオフィス製品のスキルを証明する資格です。

エクセル、ワード、アクセス、パワーポイント、アウトルックとソフトによって試験が異なるので、複数同時に取得する方も多くいます。

また、2013年版、2016年版とバージョンによっても試験が異なります。

エクセル、ワードは難易度が2種類ある

MOSは、ワードとエクセルのみ、スペシャリスト(一般)と、エキスパート(上級)の2種類あります。

エキスパートの方が難易度が高いですが、それぞれ試験範囲が異なるので、幅広い知識を得るためには、両方取るのが賢明です。

エキスパートで得られる難しい機能が使いこなせても、基本的な機能がわからなかったら意味がありません。

要は、基礎から応用まで広いスキルが身についていればいいわけですから、勉強は両方やって、資格取得はエキスパートだけでも良いと思います。

MOSが活かせる仕事

MOSは事務や総務、パソコン講師など、パソコンを使用する仕事全般に活かせます。

特に需要があるのがエクセルとワードなので、その二つを取っていると事務系の転職の強みになります。

今はスマホ全盛の時代なので、パソコンスキルがない若者も多く、エクセルやワードなどのスキルは一目置かれることも。

さまざまな仕事に役立つ資格ですが、会社によって必要なスキルは様々。多岐に渡る機能を使いこなせても、実際に使うのは限られた機能だけ…と言うこともあります。

ただ、パソコンスキルの確固たる証明になるので、取得してマイナスに働くことはありません。

通信講座での資格取得目安

受講料16,000円~
期間1ヵ月

受講料は高くありませんが、試験料はスペシャリスト(一般)9,800円、エキスパート(上級)11,800円と高めです。

受講期間は1ヵ月と早く、試験も年12~24回(プラス随時試験)あるので、短期で複数取得することもできます。

⇒ MOSの通信講座なら「ユーキャン」


妊娠中は出産準備や体調管理など何かとやることはありますが、ふと時間が空くことも。

そんな時間を活かして、いろいろ勉強してみるのも良い気分転換になりそうですね。

出産後はかなり忙しくなるので、今しかない妊娠中の自由な時間を使って赤ちゃんのためのベビー用品を作ってみたり、趣味を広げてみたり、思い切り漫画を読んでみるのもいいと思います。

妊娠中何して過ごす?おすすめの暇つぶし・気分転換

お気に入りに追加した名前一覧