/

「そうすけ」と読む名前・漢字122選【颯介、蒼佑、湊亮、etc】

[公開日]

男の子の名前で人気なのが「そうすけ」と読む名前。

「そう」と言う響きがクールで今風ですが、昔から名付けの定番の「すけ」が付くことで親しみやすさが生まれています。

このページでは、様々な漢字を使った「そうすけ」と読む名前をご紹介しています。

「そうすけ」と読む人気の漢字

そうすけは、「そう」と「すけ」の組み合わせが一般的です。それぞれどんな漢字・意味があるの見てみましょう。

おすすめの「そう」と読む漢字

漢字の意味

  • 「颯」は颯爽、颯然と言う言葉に使われるように、サッと風が吹く様子や音を表す漢字です。爽やかさと軽快さのある名前になります。
  • 「蒼」は深い青色(青緑)や、草木が青々と茂る様子を表します。かっこいい印象の漢字ですが、自然の豊かさや雄大さなどもイメージされる名前になります。
  • 「奏」は音楽を奏でる、演奏する、という言葉が浮かびますね。軽やかでやわらかな印象もあるので、音楽に捉われすぎない名前になります。
  • 人や物が集まる場所、という意味があり、「みなと」とも読むように「港」と同じ船着き場と言う意味も持ちます。周囲の人々に恵まれ、愛されて育つよう願いを込めて。
  • 爽快、爽やかと言う言葉通り、カラッとした明るさを感じる漢字です。ポジティブで笑顔が多い人生になるよう願いを込めて。
  • 創造、創意、独創、などの熟語から、クリエイティブな印象があります。個性や創造性を活かし、得意な分野で活躍してほしいと言う願いを込めて。
  • 壮大、壮観、壮快、などの言葉に使われるように、スケールが大きい、血気盛んと言う意味があります。大きな志のある気力溢れる人になるよう願いを込めて。
  • 賢く、物分かりが良いと言う意味があるます。ただ勉強ができるだけではなく、洞察力や判断力も高いイメージがありますね。
  • 空想、想像、という熟語があるように、「思う」よりも深く広く、少しメルヘンチックなイメージがあります。自由な発想で物事を考えられる人になるよう願いを込めて。
  • 総合、総括、などに使われるように、まとめる、全体などの意味があります。多くの人をまとめるリーダー的存在になるよう願いを込めて。
  • 総と同じ意味合いで使われます。画数も同じ14画ですが、見た目的にこちらの方が直線が多いので堅くまじめな印象があります。
  • 荘厳と言う熟語に使われる「荘」は、おごそかでうやうやしい様子を意味します。田舎にある家と言う意味もあり、〇〇荘など、旅館やアパートの名前にも使われます。
  • 教義、教理や、祖先を意味する言葉です。人望があり、人々を導くリーダー的存在になるよう願いを込めて。
  • 「草」は、たくましい生命力を感じさせる言葉です。のびのびと育ち、困難があったとしても強い精神力で立ち向かえるよう願いを込めて。
  • 「笙(しょう)」は、日本の伝統音楽「雅楽」の楽器の名前です。笙の神秘的な音色は「天から差し込む光」に例えられます。
  • 口をすすぐ、汚れを洗い流すと言う意味があります。夏目漱石でおなじみの漢字なので、偉大なる文豪にあやかって名付けてもいいですね。
  • 神奈川県の湘南でおなじみの漢字です。海、夏をイメージさせるので夏生まれの男の子の名前にも。
  • 女の子の名前で「梢(こずえ)」と使われることが多いです。木の枝の先、物の端、と言う意味があるので、広い視野を持ち、様々な分野で活躍できる人に、と言う願いを込めて。
  • 物を貯蔵ずる「蔵(くら)」のイメージから、豊富な知識や経験を積んだ豊かな人生を送れるよう願いを込めて。
  • 時間的な早さや若々しさを意味します。アクティブで生き生きとした人生を送れるように。

こんな漢字も「そう」と読みます

「そう」と読む漢字はかなり多く、意味も様々。最近は「颯、蒼」が特に人気です。

見た目や画数、意味などからピッタリな漢字をピックアップしてみましょう。

よく使われている「すけ」と読む漢字

少し珍しい「すけ」と読む漢字

「すけ」と読める漢字も意外と多いのがわかります。

よく見かけるのは、「介、輔、助」で、「介」は画数が少なく使いやすいので昔から現在に至るまで長く人気の漢字。「輔、助」は男の子らしい元気いっぱいなイメージがありますね。

「佑、亮、丞、甫」も多くはありませんが見かける名前です。個性を出したいならあまり使われない漢字を使ってみましょう。

次に、これらの漢字を使ったおすすめの「そうすけ」と読む名前をご紹介します。

人気・定番の漢字を使った「そうすけ」

人気の漢字【颯/蒼/奏/湊/爽】

定番の漢字【創/壮/聡】

こんな「そうすけ」もおすすめ

その他の「そう」と読む名付けにふさわしい漢字に、定番の「介」を中心に合わせてみました。「介」は他の漢字でも。

珍しい漢字を使った「そうすけ」

漢字被りを避けたいなら、あまり使われない漢字を使ってみましょう。珍しい漢字は一回で読まれないこともあるので注意が必要です。

以下では、個性的でありながら、名前にふさわしい意味を持った「そうすけ」をピックアップしてみました。

  • 笙丞雅楽の「笙」に古風なイメージがある「丞」を合わせて和の趣のある名前に。
  • 想翼想像の「想」に「翼」でより自由で自然体なイメージに。
  • 漱典日本を代表する作家、夏目漱石の「漱」に、基準、手本と言う意味の「典」を合わせた文学、勉学に秀でた印象のある名前。
  • 聡理賢いイメージのある漢字同志を組み合わせて聡明、理知的な印象の名前に。
  • 総将すべて、まとめる、という意味の「総」に、武将の「将」を合わせて、リーダー格となれる人物に。
  • 壮昌気力溢れると言う意味の「壮」と勢いが強いと言う意味の「昌」を合わせて男らしい勇ましさを持てる人物に。
  • 創芸創造性に溢れ、芸術の分野で活躍できる人に。
  • 蔵友財運と友人に恵まれるように。

漢字三文字で「そうすけ」と読む男の子の名前

「そう+すけ」の二文字の組み合わせが多いので、三文字で「そ+う+すけ」となる名前は新鮮な印象です。「そ」と読む名付けによく使われる漢字は少ないので、「そう」と読む漢字をあえて「そ」で区切るなど、あて字をある程度使った方が自然に見えます。

三文字名の場合は、総画数が多くなりすぎないようにバランスを考えて付けましょう。

  • 颯生介
  • 颯右甫
  • 颯宇裕
  • 蒼羽翼
  • 蒼雨丞
  • 奏優介
  • 湊友亮
  • 爽羽翼
  • 創生亮
  • 壮有介
  • 聡右甫
  • 想友輔
  • 草生佑

「そうすけ」と読む名前をたくさんご紹介しました。

いろんな漢字が使えるので、迷ってしまうかもしれませんが、名字と組み合わせて紙に書いてみるなどして、しっくりくる漢字を見つけましょう。

男の子の名前を探す

  • 男の子の名前ランキング
  • 男の子の名前

お気に入りに追加した名前一覧