/ / /

古風でかっこいい男の子の名前220選

[公開日]

キラキラネームの人気が落ち着き、昨今では「古風」な名前に注目が集まるようになっています。

古風な名前と言っても、弦、雅、和など、和の趣がある漢字を使った名前、誠、聡、など昔から親しまれている名前、織田信長、徳川家康など、歴史上の人物名にあやかった名前など、様々ありますので、それぞれご紹介します。

【弦、匠、弥、etc】古風でかっこいい男の子の名前

古風と言ってもただ古臭いだけの名前は避けたいですよね。ここでは、和の趣のある漢字を使い、古風だけど洗練されたかっこいい名前をご紹介します。

一文字名

一文字名はすっきりまとまりがあり、潔い印象です。 一文字だと、漢字の持つイメージも大切になりますので、意味も併せてご紹介します。

読み方【げん、ゆずる】など
弓のつる、琴・三味線などの弦楽器の糸などの意味があることから、真っ直ぐで素直、しなやかで柔軟性に富むイメージがあります。
読み方【たける、たかし、みこと】など
地位や価値の高さを表します。日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の印象から、勇敢なイメージもあります。名前では「たける」と言う読み方も広く認知されています。
読み方【あきら、さとる】など
夜明け(日が昇る前のまだ仄暗い時間帯)を意味する漢字です。「成功の暁には~」と言うように、「ものごとが実現した時」と言う意味もあります。
読み方【げん、はじめ、ひかる】など
赤または黄を含む黒色を指し、奥深いと言う意味もあります。玄人(くろうと)と言う言葉がから、能力が優れている、道を極めていると言ったイメージがあります。
読み方【けい、きょう】など
「大きい、盛ん」という意味があり、日本の古都・京都や大都会の東京の印象が強い漢字です。数字の、一、十、百、千、万、億、兆の次の単位でもあります。
読み方【けい、よし】など
優れた作品を「佳作」、演技のよい日を「佳日」と言うように、美しい、立派,、めでたい、という名付けにふさわしい意味があります。
読み方【けい】など
よろこぶ、めでたい、幸いなどの意味があり、お祝い事でよく使われる縁起の良い漢字です。慶応義塾大学の印象から、聡明なイメージもあります。
読み方【たくみ、しょう】など
職人のことを表す言葉で、「~の匠」は、その道を究めた人、と言う意味があり、先頭に立つ人物、創造性に富む、物事に熱心に取り組む、などの印象があります。
読み方【たけし、たける、いさむ】など
強さや勇ましさを表す言葉です。武士、武道、など精悍なイメージを持つ言葉に使われますが、力の強さと共に芯の強さも感じます。
読み方【みやび、まさし、まさ】など
奈良時代~平安時代にかけて存在した日本的な美的理念の一つで、上品で優美、洗練された様を表す言葉です。
読み方【けん】など
両刃の刀のことを表します。漢字の見た目、「ケン」と言う響きもシャープで男らしい雰囲気があります。
読み方【げん】など
水の流れ出る元、物事のはじまりを表します。活力や生命力にあふれるイメージです。
読み方【やまと、やわら、かずし】など
やわらぐ、のどか、なごむ、などを表し、日本的と言う意味もあります。良い意味ばかりで読み方も多いため名付けで人気です。元号でも多く使われています。
読み方【わたる、ひさし】など
広く隅々まで行き渡ると言う意味があります。和弥、智弥、など留治に使われることが多い漢字です。旧字は「彌」です。
読み方【じん、ただし、ひろき、ひとし】など
慈しみや思いやり、親しみを表します。儒教での5つの徳「仁・義・礼・智・信」の一つとして説かれています。天皇家でも代々使われている由緒正しき文字です。

二文字名

二文字名は和の趣のある漢字+流行の漢字、読み方、などアレンジしやすく、古風さを和らげることも強めることもできます。

「~と」「~ま」「~や」などの人気の止め字も、和テイストの漢字と合わせると重厚さが増しますね。

三文字名

三文字名は〇太郎、〇乃介などが人気です。少し個性を出したいなら、江戸時代に付けられていた「~之丞」、「~之進」などがおすすめ。時代を感じさせる名前でありながら、今の時代には目新しく映ります。

また、佳弥斗(かやと)など、漢字一文字に一音を当てると優雅になりますが、当て字を多用すると軽薄な印象になるので注意しましょう。

【誠、司、大、etc】昔ながらの古風な名前

一世代、二世代前の名前でも、今に通用する魅力的な名前も多くあります。

流行にとらわれない昔ながらの名前は、誰でも読めて親しみやすいと言うメリットが。さらに、上の世代からの評価が高く、就職にも有利と言われていますね。

昔ながらの男の子の名前はたくさんありますが、ここでは普遍的でありながら、知性や誠実さを感じる名前を中心にご紹介します。

一文字名

昭和初期~中期の男の子の名前は一文字名が人気だったようです。その中から普遍的でありながらかっこよさも感じる名前を中心にピックアップしました。

読み方に個性を出したい方向けに、一般的な読み方の他に、今風の読み方も併記しています。

二文字名

二文字名は、新しすぎず古すぎず、かっちりとした響きや漢字の名前を集めました。

昔ながらの普遍的な名前を、漢字を変えて現代風にアレンジしてみました。

三文字名

存在感のある三文字名は「~太郎(朗)」「~一郎(朗)」「~之介(助、輔)」などを使うと古風で男らしい名前になります。

【信、秀、康】歴史上の人物にあやかる

歴史好きの方は多いと思います。好きな歴史上の人物の名前をそのまま使ってももちろん構いませんが、信長、秀吉、家康、など誰もが知る名前にするのは、その人物像が全面に出すぎて却って個性が消されてしまいます。

歴史上の人物にあやかるにしても、「信」「秀」「康」など一文字だけを使う、読みだけ同じにする、くらいが良いでしょう。

ただ、「信~」「家~」などは織田一族、徳川一族の名前と被る場合があるので、被りたくない場合はきちんと調べましょう。

織田信長にあやかった名前

「信」が入った名前一覧を見る

「信」を使った名前一例

豊臣秀吉にあやかった名前

「秀」が入った名前一覧を見る

「秀」を使った名前一例

徳川家康にあやかった名前

「康」が入った名前一覧を見る

「康」を使った名前一例

坂本龍馬にあやかった名前

「龍」が入った名前一覧を見る

「龍」を使った名前一例

近藤勇にあやかった名前

「勇」が入った名前一覧を見る

「勇」を使った名前一例

伊達政宗にあやかった名前

「政」が入った名前一覧を見る

「政」を使った名前一例

源頼朝にあやかった名前

「頼」が入った名前一覧を見る

「頼」を使った名前一例

宮本武蔵にあやかった名前

「武」が入った名前一覧を見る

「武」を使った名前一例

古風な名前もアレンジ次第で幅が広がる

古風と一口に言っても、昔ながらの名前から「昔風」の名前まで様々あります。

アレンジ次第で、かっこよくも個性的にもなるので、上記で紹介した漢字や名前をヒントに色々なお名前候補を見つけてくださいね。

男の子の名前を探す

  • 男の子の名前ランキング
  • 男の子の名前
妊娠中何して過ごす?おすすめの暇つぶし・気分転換

お気に入りに追加した名前一覧