/ /

【和風でモダン】古風な女の子の名前265選

[最終更新日]  [公開日] 2019/5/13

名付けの流行は時代と共に変化しますが、昨今では古風・和風な女の子の名前が人気です。ただ昔の人の名前をそのまま付けるだけではなく、日本に古くから伝わる文化、風習、工芸品などからヒントを得た、現代にも通じるおしゃれで洗練された「和風モダンな名前」が特に人気を集めています。

今どきのきらびやかな名前も素敵ですが、古風・和風の名前は日本人の感覚に合う奥深さがあるので、世代を超えて長く親しまれる名前となりますよ。

人気のある古風な名前

古風・和風な女の子の名前は人気があり、名付けランキングでも上位の定番です。流行も取り入れたい、古臭いと思われたくない、と言う方は、人気のある名前をヒントにするのがおすすめです。

文字数、音数ごとにご紹介しますので、ご自身の名字と合わせてしっくりくるものを探してみてください。

漢字一文字(2音、3音)

一文字の名前はスッキリまとまりがあり、洗練された印象です。漢字一文字だと、和の持つ奥ゆかしさや、風雅な印象をそのまま名前に込めることができます。特に、花や草木など植物をモチーフとした漢字は華やかでありながら品もあるので女の子の名前として普遍的な人気があります。

2音の名前

3音の名前

漢字二文字(2音、3音)

漢字二文字で構成される名前は、どんな名字にもバランスよく収まるので一番多く付けられています。漢字を二つ使うので名前のバリエーションも大きく広がり、組み合わせによって古風な雰囲気を強めたり、弱めたりもできます。

2音の名前

3音の名前

漢字三文字

漢字1字に1音あてて構成される三文字名は優雅なイメージです。使う漢字が増えることによってさらにバリエーションが増えますが、組み合わせには注意が必要です。画数が多い漢字を使いすぎると見た目が重くなり、サンズイ、草冠など、似た形の漢字を複数使うとバランスが悪くなります。好きな漢字だけを使うより、全体のバランスを考えて組み合わせてみましょう。

止め字で和を取り入れる

「乃」「緒」など、昔から女性の名前に使われてきた止め字を使うことで日本的な趣のある名前になります。流行りの漢字と組み合わせても落ち着いた雰囲気になるので、少しだけ和を取り入れたい場合にもおすすめです。

「乃」で終わる名前ピックアップ

「葉」で終わる名前ピックアップ

「月」で終わる名前ピックアップ

「緒」で終わる名前ピックアップ

【春夏秋冬】季節ごとの古風・和風な名前

日本は四季の変化が豊かな国。季節を表す言葉や季節ごとの行事も多く、名付けのモチーフがたくさんあります。また、日本独自の伝統文化である俳句の「季語」からもヒントになる言葉があります。

新しい命が生まれた特別な季節にちなんで、四季折々の花や風物詩から古風な女の子の名前を考えてみましょう。

春生まれの女の子の古風な名前

春の植物
桜、桃、菜の花、菫(すみれ)、杏、鈴蘭など
春を表す言葉
麗か、春暁、春陽、春日和、芽吹く、風光る、雛祭り、
月の異名
弥生(三月)、卯月(四月)、皐月(五月)

春は、たくさんの花々が咲き誇る、見目麗しい季節。桜や菜の花など名前に使いやすい花が多いのでアレンジ次第で様々な雰囲気を持たせることができます。可愛らしい花や、春らしいうららかな気候をモチーフにした古風な名前をご紹介します。

夏生まれの女の子の古風な名前

夏の植物
向日葵(ひまわり)、葵(あおい)、紫陽花(あじさい)、朝顔、百合、蓮、芙蓉、橘(たちばな)
夏を表す言葉
梅雨、新緑、若葉、立夏、夕涼、風薫る、清水、七夕
月の異名
水無月(6月)、文月(7月)、葉月(8月)

夏は活動的になる季節。海、太陽、青空など、明るく元気いっぱいのモチーフが多めです。古風な名前には、涼やかな夏の風情を感じる言葉がおすすめです。

秋生まれの女の子の古風な名前

秋の植物
紅葉、楓、桔梗、蘭、菊
秋を表す言葉
秋澄む、清涼、夜長、白露、千秋楽、椋鳥、稲穂、夕紅葉
月の異名
長月(9月)、神無月(10月)、霜月(11月)

落ち着いたイメージのある秋は古風、和風な雰囲気にピッタリです。特に人気なのは、日本が世界に誇れる自然美の一つ、紅葉に関連した名前です。その他、秋の爽やかな気候や名月にちなんだ名前もご紹介します。

冬生まれの女の子の古風な名前

冬の植物
椿、柚子、柊、梅
冬を表す言葉
風花、聖夜、冴ゆ、雪、白姫、新年、初春
冬の異名
師走(12月)、睦月(1月)、如月(2月)

澄んだ空気に包まれる冬は純粋で清楚なイメージがありますね。そんな冬の空気感や雪の美しさ、寒さに負けず美しく咲く花も名付けのモチーフにしてみましょう。

「子」が付く名前

一昔前までは多くの女の子に付けられていた「子」が付く名前ですが、最近ではかなり少なくなっています。しかし、だからこそ今では個性的に見えることも。

昔ながらの名前も素敵ですが、「りこ」「かこ」など二音でまとめたり、「ななこ」「ももこ」など繰り返し音と組み合わせると、古臭くなく洗練された響きになります。また、「こ」と読む漢字は「心」「湖」「瑚」などもありますので、昔の名前とは少し違った雰囲気にしたい場合におすすめです。

子が付くの二文字の名前

子が付くの三文字の名前

1 2
妊娠中何して過ごす?おすすめの暇つぶし・気分転換

お気に入りに追加した名前一覧