女の子の名付けエピソード

21 件のエピソードがみつかりました

叶望(かのん) ちゃん

チロ

  • 2017年9月(秋)生まれ
  • 女の子

最初自分の漢字を入れたくて、入れたのを考えていたら義理のお父さんに親を越えられなくなると反対されて、変えることになりました。納得いかないとは思いましたが、画数が大吉の漢字を見つけて、とても気に入ったので今ではちゃんと考えてくれてたし、反対してくれて良かったという気持ちになりました。親の名前をいれずに親の願いが込められたので満足しています。自分らしく、自分が思う道を突き進んでほしいので、望みを叶えてくださいという意味づけになりました。

(あおい) ちゃん

アイラちゃん

  • 2019年2月(冬)生まれ
  • 女の子

性別が分かるまでは、何故か男の子の名前ばかり考えていました。二人の名前を一文字ずつ付けたものや、漢字一文字の名前など、何故か分からないですが男の子が産まれる気がしていたので。半年程が過ぎ、性別が女の子だとわかった後は、また一文字の名前に拘って考えました。ただ名字が簡単なので、少し画数の多い名前にしようと思いました。そこで最終的に決まったのが、「葵」という男女どちらでもいける名前でした。今、お腹の中に二人目がいるのでまた一文字の名前になりそうです。

花音(かのん) ちゃん

dabo

  • 2014年5月(春)生まれ
  • 女の子

最初の候補としては美玲という名前が良いと夫婦で考えていたのですが、それはあくまで画数が良いのと響きが良いという理由でした。当時の第2候補だった花音に最終的には決定したのですが大きな決定的な決断に至ったのは、夫婦共通で大好きな音楽にあるパッフェルベンノカノンの楽曲です。画数もとてもよく両親も共感してくれました。同じ名前の子供も幼稚園などでいることもなく、何よりも本人が気に入っているので本当に良かったと思います。

日奈(ひな) ちゃん

おくら

  • 2021年3月(春)生まれ
  • 女の子

その日はとても晴れていてお日様が暖かいほどでした。対象になる漢字がよかったのと、温かい優しい子になってほしいと1番に思っていました。また、は行が周りでいなかったのでそれらの候補も入れて考えました。画数もよく、対象なものででてきたのが日奈でした。また、お日様輝く子にもなって欲しいとおもったらちょうどこの漢字と画数、名前があてはまりこれにしようと決めました。奈は自分が好きな漢字でもありました

優葵(ゆうき) ちゃん

ペコ

  • 2009年8月(夏)生まれ
  • 女の子

名前【優葵(ゆうき)】という名付けは【ゆうき】という名前は正直出産前から決めていました。

【優】という漢字からは誰にでも優しく接していける心を持った人間に育ってもらいたいという思いで選び、【ゆうき】は人と接する為には時には【勇気】が必要な時もありますし、困っている人を助ける【人助け】もとても【勇気】が必要な行動だと思います。そんな行動を積極的にできるような人間になってもらいたいという願いから【ゆうき】という名前その漢字の中に【優】を入れることを選択しました。

【葵】は漢字画数の縁起と私の子供は2卵生双子なので下の子への名前への配慮からも選択された名前です。

【葵】私の勝手なイメージですが、この漢字からは【澄みきった青い空のような人の心】を連想される漢字です。そんな心の広い人間に育ってもらえると願いながら子供と一緒に成長させてもらっています。

優菜(ゆうな) ちゃん

ことのは

  • 2015年6月(夏)生まれ
  • 女の子

妊娠8ヶ月に入り、男女どちらか性別がわかってから赤ちゃんの名前を考えるようになりました。私は女の子なら名前に草花の漢字を入れたいと思っていました。主人もそれを承知してくれ色々な候補を出し合いました。しかし、ああでもないこうでもないとなかなか決まらず話し合いを続けていましたがあっという間に出産間近の10ヶ月に入ってしまいました。そんなある晩ふと目が覚めた時に横になったままお腹にいる子に、どの名前がいいかな?と聞いてみました。候補に上がっていた名前をひとつずつ話しかけていくと「優菜」の名前の時だけボコボコと凄い力でお腹を蹴った赤ちゃん。そこで、この名前がいいのかな?と思い次の日主人に、夜あった事を話しました。主人が試しにその名前で姓名判断をしたら名字との相性も良かったらしくすごく良い結果が!そこでこの名前に決定しました。

佳音(かのん) ちゃん

マイ

  • 2006年9月(秋)生まれ
  • 女の子

性別が判明する前から自分は女の子を産むだろうと思っていて、女の子の名前ばかり毎日考えていました。我が子の名前を考える時間はとても楽しくて、赤ちゃんの名づけの本を数冊買って、夫とどの名前が良いだろうと真剣に考えました。私は学生時代からずっとピアノが趣味なので、音楽を愛する子になってほしいという気持ちで「かのん」と名付けました。使いたい漢字があったのですが、字画が良くないのでがっかり。幸せになってほしいので別の漢字にしたんです。字画はすごく気になってしまいじっくりと調べました。「佳」の意味は美しい、優れたという意味で、そのあとに「音」をつなげることで美しい音という意味になります。かわいくて素敵な女性に成長することを願い名付けました。

愛華(あいか) ちゃん

sou

  • 2018年12月(冬)生まれ
  • 女の子

性別が分かってから名前を決めようと考えていた。名前はわたし一人で決めていいと任されていたので、女の子だとわかり、名前は漢字で二文字が書きやすく、女の子らしい響きと、華やかな女性になって欲しいという願いをこめた名前にしようと考え、そこから、みんなに愛されるようにという思いと、華を入れる事にした。あから始まる名前が可愛いというイメージがあったため、あっさりと決まった。

凛咲(りさ) ちゃん

タマタマ

  • 2020年5月(春)生まれ
  • 女の子

海外でも馴染みがあり、そして特に英語でも発音しやすいすい名前であることを考えていました。そして、両家の両親も呼びやすく、覚えやすい名前であるために、ひらがなで二文字であることなどを基準に考えました。由来として、外国語での意味が笑う。 使いたい漢字が、凛、咲があり、妻の名前がさゆりであったため、妻の名前を逆にして、一文字づつもり、りさとしました。 そこから漢字に当てはめ、凛と咲く花の様に、芯のある子に育って欲しいとの想いを込めてです。

碧芭(あおは) ちゃん

あおみとん

  • 2017年9月(秋)生まれ
  • 女の子

あおちゃんと呼べるお名前にする事は私のたっての希望で、主人を説得しました。主人も賛成してくれ、いざどの漢字を当てるか、ひらがなにするか悩みました。夫婦共々名字を入れて漢字三文字だったので、バランスが悪かったと思っていたので、子供は漢字四文字になるようにしました。ただ画数でなかなかしっくりくるものがなく、結婚したら名字は変わりますが、名前だけでも画数が良いものになるようにこだわりました。私は名前の画数が悪いので、余計に調べました。あおいちゃんや、アオトくん等とあおちゃんと同じあだ名ではありますが、そういう時はあおはちゃんとフルで呼んでいただけるので、本人も迷う事なく、気に入ってくれたようです。また珍しい名前なので、素敵なお名前ね、と褒めてもらえる事もおおく本人も私達も満足しています。

不具合/ご要望

ツイッターも更新中!

お気に入りに追加した名前一覧 「詳細へ」