/ / /

花の名前を使った女の子の名付け165選【桜、葵、向日葵、etc】

[最終更新日]  [公開日] 2019/7/11

女の子の名付けで人気なのは、季節の花や草木をモチーフとした名前です。

いつの時代も変わらぬ美しさで人々を魅了している花々から女の子の可愛らしい名前を考えてみましょう。

人気のある花の名前

花の名前は、女の子の名付けランキングに必ず入っているほど普遍的な人気を誇ります。

ここでは、上位にランクインしている花や草木など、植物をモチーフにした名前を見てみましょう。

【2018年】女の子の名前ランキングより
1位 葵(あおい)
7位 杏(あん)
11位 さくら(さくら)
12位 咲良(さくら)
17位 陽葵(ひまり)
22位 楓(かえで)
27位 蘭(らん)
29位 花(はな)
31位 ひまり(ひまり)
58位 菫(すみれ)

⇒ ランキングの詳細はこちら

※取得時の内容と違いがある場合があります。

花の名前そのものや、読み方だけ、漢字一文字だけなど、アレンジした名前も多数ランクインしています。

他のこと被るのを避けたい場合は、人気の名前から発想を広げ、アレンジしてみると良いでしょう。

季節の花から女の子の名前を考える

日本の四季を彩る美しい花々や草木から、女の子の名前を考えてみましょう。

春の花をモチーフにした女の子の名前

春の花

ポカポカ陽気に身も心も弾む春。寒い冬を耐え忍んだ植物たちにとっても待ちに待った季節で、暖かい日差しの下、一斉に美しい花を咲かせます。

そんな春の花をモチーフにした名前を見てみましょう。

名前に使いやすい春の花

  • (さくら)
  • (もも)
  • (あんず)
  • (すみれ)
  • (ふじ)
  • 菜の花(なのはな)
  • 鈴蘭(すずらん)
  • 花梨(かりん)
  • 菖蒲(あやめ)
  • 茉莉花(まりか)
  • 皐月(さつき)

その他、 チューリップ、 ポピー、 ライラック(仏名:リラ)、 マリーゴールド、 ミモザ、 ガーベラ、 つくし、 風信子(ひやしんす)、 石楠花(しゃくなげ)、 蒲公英(たんぽぽ) 牡丹(ボタン) などがあります。

桜(さくら)を使った名前

桜

桜は日本の象徴と言える花で、日本人にとって特別な存在。漢字も響きも名前に使いやすく、華やかでありながら奥ゆかしい印象もあって名付けの定番人気です。
読み方は「さくら、おう」など。「お」と区切って使われることも多いです。

『桜』を使った名前一覧を見る

「さくら」と読む名前

『さくら』と読む名前一覧を見る

桃(もも)を使った名前

桃

濃いめのピンクが春の青空に映える桃の花。ひな祭りを桃の節句と言うように、桃は女の子にピッタリです。
読み方は「もも、とう」など。

『桃』を使った名前一覧を見る

杏(あんず)を使った名前

杏

杏は梅によく似た小ぶりの花を咲かせ、食用や薬用など幅広い用途があります。
読み方は「あんず、あん、きょう」など。

『杏』を使った名前一覧を見る

その他の春の花を使った名前

春の咲く花は種類が豊富です。上記の他、菫(すみれ)、菜の花、鈴蘭(すずらん)などの春の花をモチーフにした名前をご紹介します。

夏の花をモチーフにした女の子の名前

夏の花

照り付ける太陽の下に咲き誇る夏の花々は、元気いっぱい溌溂たるイメージ。一方、早朝の短い間に咲く朝顔、梅雨の中のアジサイなど、風情溢れる花が咲くのも夏の美点です。

名前に使いやすい夏の花

  • 向日葵(ひまわり)
  • (あおい)
  • 百合(ゆり)
  • 紫陽花(あじさい)
  • 朝顔(あさがお)
  • (はす)
  • 芙蓉(ふよう)
  • (あんず)
  • 沙羅(しゃら)
  • かすみ草(かすみそう)

その他、 ダリア、 カンナ、 ラベンダー、 月下美人(げっかびじん)、 百日紅(さるすべり)、 鳳仙花(ほうせんか) などがあります。

向日葵(ひまわり)を使った名前

向日葵

大きく鮮やかな黄色の花は、まさに太陽のよう。夏の象徴と言える向日葵(ひまわり)は、明るく元気なイメージがあり、名付けに人気です。
向日葵からアレンジされた「ひまり」と言う名前も定着しています。

『ひまり』と読む名前一覧を見る

葵(あおい)を使った名前

葵

葵(あおい)は花としての知名度は低めですが、名付けランキングでは何度も1位を取るほど大人気です。
そのまま1字で「葵」と使うことが多かったですが、最近では他の漢字との組み合わせた名前も多く見られます。

『葵』を使った名前一覧を見る

百合(ゆり)を使った名前

百合

百合(ゆり)は、可憐さと華やかさを兼ね備えた女の子の名前にピッタリの花。英語名の「Lily(リリー)」から名前を考えても良いでしょう。

『ゆり』と読む名前一覧を見る

紫陽花(あじさい)を使った名前

紫陽花

紫陽花(あじさい)は、梅雨の時期を鮮やかに彩る貴重な存在。紫、青など寒色系の色合いが雨に似合いますね。
漢字を、紫、陽、花、で分けるとあまり季節感は出ませんが、紫雨(しう)など雨のイメージと結びつけると紫陽花の印象が強くなります。

その他の夏の花を使った名前

その他、朝顔、蓮、かすみ草などの夏の花をモチーフにした名前をご紹介します。

杏(あんず)の開花時期は春ですが、果実の収穫時期は夏です。名前に使いやすいので夏の名付けに使っても良いでしょう。

⇒ 「杏」を使った女の子の名前

1 2

お気に入りに追加した名前一覧