1月生まれ名付けエピソード

10 件のエピソードがみつかりました

結音(ゆいね) ちゃん

ヒデ

  • 2021年1月(冬)生まれ
  • 女の子

生まれるまで性別は聞かない様にしていて、男の子でも女の子でもどちらでも対応できる名前を考えるのに苦労しました。

名前の由来はお腹にいる時から音楽が好きで、テレビで歌番組などを見ているとよくお腹の中で踊っていたので「音」を名前に入れようと思いました。

「結」は人や縁を結べるような人になって欲しいと思い選びました。

男の子の場合は結音と書いて「ゆいと」にする予定でした。

生まれてきてくれたのは女の子だったので「ゆいね」になり、名前の通り生まれてからも音楽が好きでテレビで音楽が流れると今では手を振って踊っています。

(りつ) くん

メロニーナ

  • 2020年1月(冬)生まれ
  • 男の子

名前の由来は、

目標に向かって、自分を厳しく律することができる精神力の強い人にと願って。また、学問やスポーツを究めたり、芸術的な才能にも恵まれるようにという願いも込めて。

日本には日本独特の律音階という6音だけの音階があって、メロディー。いわゆる旋律、主役。

という願いを込めて

律 りつ

画数は苗字まで入れて31画。

両親共に名前が31画、31画は江戸時代名前に31画をつけるのが1番良いとされていたため、画数にもこだわりました。

(あらた) くん

かな

  • 2015年1月(冬)生まれ
  • 男の子

性別が男の子と確定してから名前を考え始めました。最初は苗字とのバランスや画数で、姓名判断などを行い、出産までにいくつか候補を決めていました。あとは、出産してから顔を見て決めようと思っていたのです。そうして迎えた出産が、1月1日でした。大晦日から陣痛があり、本当に初日の出と共に出産を迎えた感じです。そこで、新年のおめでたい気持ちを名前に残したいと思い、新(あらた)と名付けました。名前と誕生日をセットで覚えてもらえることが多いので、良かったと思います。

大馳(だいち) くん

なな

  • 2016年1月(冬)生まれ
  • 男の子

出産予定日が1月だったので、性別がわからない頃は、とりあえず冬にちなんだ名前にしようかなと思っていました。雪や星などに関連のある名前で、男の子でも女の子でもいいようにユニセックス的な名前ということで、星那、という名前を考えました。第一子が女の子で親戚も女の子が多いのでなんとなく、女の子かと思っていたら、男の子と判明。びっくりして、男の子の名付け辞典を借りてきて考えました。大地のように力強く、あたたかい人になって欲しいと願って、言葉の響きからだいちと決めました。夫に相談したところ、画数が悪いと言われてしまったのですかが、だいち、という響きや言葉の意味はとても気に入っていたので、地を馳に変えました。馳せる、という漢字で、いろいろな人の思いや物事をよく考えられる人になって欲しいという願いを込めています。男の子なので、名字が変わる可能性が低いことから、名字との相性も考慮して決定しました。

(すい) ちゃん

なっつ

  • 2019年1月(冬)生まれ
  • 女の子

まず、私の家系が父母姉2人、私自身が漢字一文字の家系で、そしたら結婚した旦那も漢字一文字だったので、これは子供が産まれたら絶対に漢字一文字にする!って決めていました。

そして、名前を考える上で漢字一文字は絶対で色々候補あげた中、彗と凛が最終的に残り、凛は従兄弟の家族にいたので彗と言う名前にしました。被る名前も嫌だったので珍しそうな名前を候補にしていました。わたし的にも気に入っていて彗と言う名前を付けて良かったと思います。

(りん) ちゃん

りんママ

  • 2017年1月(冬)生まれ
  • 女の子

自分の名前が漢字1文字だったので、同じように漢字1文字でと決めて考えていました。いくつか候補をあげて、その中から出産後に私が名前を決めました。昔草彅剛さんが主演をされたドラマの娘の名前がりんで、当時その名前かわいいなと思ったのと、その子がとてもいい子ですごく印象に残っていたので、自分の子も同じように可愛く育ってほしいなという気持ちも少しありました(笑)実際、名前も呼びやすいですし、響きもとても気に入っています。

優誠(ゆうせい) くん

コタロー

  • 2009年1月(冬)生まれ
  • 男の子

優しく誠実な人間に育ってほしいと言う思いで優誠と名付けました。始めは画数などにこだわって名前を考えていました。でも画数を色々な本とかで調べても本の筆者によって書いてあることが違うのでどれがいいのかがわかりませんでした。

画数を気にすると全然名前が決まらなかったので、画数はあまり気にしないようにしました。最終的には野球好きだった私はちょうどその時期活躍されていたプロ野球選手の菊池雄星選手の名前を参考にし名前を付けました。

名前を付けるのは本当に悩みます。

莉彩(りさ) ちゃん

flowEr

  • 2013年1月(冬)生まれ
  • 女の子

イメージとしては「はなのいろどり」という感じで捉えています。元々海外でも覚えられ易い名前に魅力を感じていました。(自分の名前はそうでなかったので、羨ましさを感じることがあったためです。)「莉」はジャスミンというお花を表すため、奇しくも胎児ネームとも関連しています。また私が「リサとガスパール」の絵本を結婚する前から好きだったこと、そして上の子(長女)もそれらが大好きな絵本だったため、リサという名前に親しみがあったことなどが名付けの動機になったかと思います。

聡一郎(そういちろう) くん

りんちゃ

  • 2010年1月(冬)生まれ
  • 男の子

実は…好きな漫画から取りました。

響きがいいなと子供の頃に思い、ずーっと男の子供が生まれたら名前をつけたいと思ってつけました。

「男ならソウイチロウ!!」と旦那を説得し、半ば強制的に決めました。

ソウと読む漢字の種類がいっぱいあったので、生まれる直前まで迷いました。

聡・総・爽・奏・惣・宗

何度も何度も紙に書いて書きやすい物を選びました。

聡一郎、聡明な子になりますようにと願いを込めました。

とてもいい名前を名付けたと思います。

文子(ふみこ) ちゃん

TS

  • 2005年1月(冬)生まれ
  • 女の子

当時東京の文京区に住んでおり、妻の出産後は両親の住む関西に帰ることが決まっていました。妻との出会い、結婚出産まで全て文京区での出来事なので、娘の名前に文京の文字を残したい、私がそれとなく言ったのですが、妻もすぐ合意してくれました。「文子」と「京子」二通り候補でしたが、家に集まった家族親戚の意見も聞いて文子に決めました。「京子」はもし次女ができたら命名しよう、ということにしましたが、結局使う機会はありませんでした。

不具合/ご要望

ツイッターも更新中!

お気に入りに追加した名前一覧 「詳細へ」