男の子の名付けエピソード

54 件のエピソードがみつかりました

奏琥(そうご) くん

ざべす

  • 2018年12月(冬)生まれ
  • 男の子

私がアニメが好きで好きなキャラの名前から取りました。しかしそれでは特に由来がないので、漢字と画数にはかなりこだわり、旦那と名前の本をすごく見て考えていきました。

本に載っている漢字だとなかなか画数がうまくはまらず悩んだ結果当て字になってしまいましたがそれまで考えていた漢字の中で一番かっこよく、あまり被らない漢字にできたのでとても気に入っています。

少し漢字が難しく子供か書けるようになるまで時間はかかるかもしれませんが気に入ってくれたらいいな、、、と思っています。

翔太(しょうた) くん

トマト

  • 2012年5月(春)生まれ
  • 男の子

男らしいカッコイイ響きの名前を意識しました。自分の思うように飛び立っていってほしい。人生どんな困難があっても太く生きてほしいという願いをこめました。あと周りから読めない漢字をつける知り合いが大勢いたので、わたしの子供が不憫にならないように誰でも読める漢字にしたかったというのもあります。名前を間違えらえるとあまりいい気分にはなりませんからね。わかりやすくて響きが男らしい、たくましい。是非そんな大人になって将来一緒にお酒が飲みたいですね。

聡一郎(そういちろう) くん

りんちゃ

  • 2010年1月(冬)生まれ
  • 男の子

実は…好きな漫画から取りました。

響きがいいなと子供の頃に思い、ずーっと男の子供が生まれたら名前をつけたいと思ってつけました。

「男ならソウイチロウ!!」と旦那を説得し、半ば強制的に決めました。

ソウと読む漢字の種類がいっぱいあったので、生まれる直前まで迷いました。

聡・総・爽・奏・惣・宗

何度も何度も紙に書いて書きやすい物を選びました。

聡一郎、聡明な子になりますようにと願いを込めました。

とてもいい名前を名付けたと思います。

幸大(こうだい) くん

こえまま

  • 2016年10月(秋)生まれ
  • 男の子

まずは、主人の名前に使っている漢字を一文字使うことを前提として考えていきました。色々な名前を紙に書いてみて響きや書きやすさなどを考慮して考えていきました。画数を考慮しようとしたのですが、あまりに候補が絞られてしまうので途中で画数は気にしないことにしました。結果的に幸大という名前を主人ごが提案してきて、幸せが大きくなるようにと意味の良い名前にしようということでわたしも賛成してこの名前に決まりました。

(あらた) くん

新米ママ

  • 2021年2月(冬)生まれ
  • 男の子

名前を決めるまでには色々な姓名サイトを見たりたまひよの名付けの本を買ったりしました。私が使いたいなと思っていた漢字が全て苗字と合わせた時に画数が悪く、名付けは早々に夫に任せることにしました(笑)

「新」という名前には、この世界に生まれて色々と新しいものを見たり聞いたり経験したりする中で、身の回りのことにたくさん興味を持ちながら元気いっぱい育ってほしいという意味があります。また、この子が産まれるまでに妊娠糖尿病になったり夫が転職したりと激動の1年間を過ごしましたが、新しい環境で家族3人で心機一転頑張っていきたいという想いも込めています。

(いつき) くん

ままちゃま

  • 2005年12月(冬)生まれ
  • 男の子

私自身の名前が昭和感満載の名前で、いわゆる◯◯子というオシャレでない名前だったこともあり、子供には絶対に漢字一文字の名前をつけたくて決めました。

「樹」は一文字でも読めるし響きも良いし、なんと言っても格好良い!と直ぐに決まったのですが、後に何故その名前にしたの?と聞かれた際に「格好良いから」しか出てこなくて困りました。

一応悪かったら困るので姓名判断も確認しましたが、字画も問題なかったので、シンプルに「格好良いから」が名付けた理由です。と今では自信を持って言えます。

高志(たかし) くん

熊本の心

  • 2001年11月(秋)生まれ
  • 男の子

私も妻も教員をしていました。学校の各教室正面には「熊本の心」という額縁が飾ってありました。文言は「熊本の心 助け合い・励まし合い・志高く」でした。毎日教員と子どもたちはこの額縁を見ていたし、教員採用試験、管理職試験で「熊本の心とは」という問いが出題されていました。私たち夫婦は「女の子が生まれたら妻、男の子が生まれたら私が名前を付ける」と事前に相談してきめていました。私は男の子が生まれたら、熊本の心の3つ目の「志高く」から「高志」につけようと決めていました。また、「高」は私の名前の一部でもありますので。

夏己(なつき) くん

ありあありた

  • 2021年7月(夏)生まれ
  • 男の子

結婚前、交際していた当時からもし子供ができたらどんな名前にしようか話していました。妊娠後はより具体的に話しました。私達は名前の響きから決めていきました。条件としては①キラキラネームではなく、誰でも読めること②知り合いに同じ名前がいないこと③名字が長いので、3文字以内にすることでした。いい名前であっても夫婦どっちかの知り合いにいたり、その名前に印象が悪かったりとなかなか決まりませんでした。話し合う中で出産が夏前なので季節感がある名前にしようということになり、「なつき」に辿り着きました。漢字は「夏」はすぐに決まったのですが、2文字目をどうするか悩みました。本屋さんで名付けの本を見たり、ネットで調べたりしました。最終的に「夏樹」と「夏己」に絞られたのですが、「夏樹」は画数が多くて将来可愛そうだという話になり、「夏己」に決まりました。画数は決まったあとで一応ネットで調べました。己を強く持って生きていってほしいという意味が込められています。大体出産の2ヶ月前くらいに決まったと思います。両親には命名紙を買って生まれたその日にお披露目しました。

大牙(たいが) くん

りさ

  • 2021年3月(春)生まれ
  • 男の子

性別が男の子だとわかったときから本格的に名づけを始めました。夫の家では親の名前から漢字を一文字貰って名づけをしていたことから、私たちの子供にも夫の名前から漢字を一つ貰った名前をつけることに決めました。夫婦で買い物に行くとき、散歩をするとき、食事をするとき、ベッドに入って眠りにつく前に、とにかく思いつく名前を二人でたくさん上げていきました。やがて夫が「タイガはどうだろう」と言ったときに、私の頭にすぐ「大牙」という漢字が浮かびました。それを伝えたところ、夫がとても気に入り、その日からお腹に向かって「大牙」と呼ぶようになりました。

(まこと) くん

まことはは

  • 2017年5月(春)生まれ
  • 男の子

パパの名前が、3文字で長く、苗字も、画数が多い為本人も苦労した経験があったようなので、子供は一文字がいいと希望。男の子ということが5ヶ月の段階でわかったため、名づけの本を買い、参考にしました。一文字だと、旬、楓、和、優など、いろいろ候補はでましたが、パパもママも、古風なものが希望でした。また画数なども調べましたが、調べれば調べるほど、訳わからなくなってしまい、当初の希望とはかけ離れてしまう気がしたので、画数を気にするのをやめました。そんな中候補に上がったのが、真です。

不具合/ご要望

ツイッターも更新中!

お気に入りに追加した名前一覧 「詳細へ」