「千」の意味、読み方や画数は?千に込める願い、千を使った名前一覧

意味&イメージ
千、数の単位。数が多いこと。たくさん。さまざまな様子(千差万別)。など。
「千」の漢字データを見る
漢字の意味から「千」は「健康 生命力 希望 古風・和風」のイメージがあります。 ▼「千」のイメージ、名前に込める願い
名前の読み方
「千」は、名前として「千隼(ちはや)、千尋(ちひろ)、千晃(ちあき)、千紘(ちひろ)、千桜(ちお)、千乃(ゆきの)、千晴(ちはる)」などの読み方で使われています。 ▼「千」を使った名前一覧を見る
画数 3画
種類 常用漢字   名付けに使えます
名のり かず・ゆき
訓読み
音読み セン
部首 十(じゅう)
学習漢字 学習漢字1年
熟語 一騎当千(いっきとうせん)
他字体
意味 千、数の単位。数が多いこと。たくさん。さまざまな様子(千差万別)。
イメージ

表外読みは常用漢字表にない読み方です

「千」の意味

  • 数の単位
  • 数が多いこと、たくさん

「千」という漢字は、私たちが普段使っている数の単位でとても馴染みがあります。

また、たくさんの物や多くの人が集まってることも意味しており、数が非常に多いという意味で数多くの熟語にも使われています。

千の漢字の成り立ち・由来

千という漢字の由来や成り立ちは諸説ありますが。一般的に千は「人」と「一」という漢字が組み合わさって出来た漢字だと言われています。

ここで用いられている「人」は一人ではなく複数人が集合していているという意味で、「一つの集合してる人々」を表しています。

漢字の成り立ちから分かるように「人」という漢字が使われていることから、千の持つ「数が多い・たくさん」という意味は元々は物ではなく、数多く集まった人の集団という意味から始まり、後に人に限らず非常にたくさん集まっている物などに千という漢字が当てられるようになったと考えられます。

「千」のイメージ、名前に込める願い

千は数の単位というイメージが強いかもしれませんが、千という非常に大きな単位であることから様々なイメージを持つことが出来ます。

  • 未来
  • 永遠
  • 壮大
  • 人々
  • 多い

これらのイメージから名付けにおいても色んな願いを込めることが出来ます。

多くの人との出会いに恵まれるように

壮大な夢や希望が持てるように

実り多い豊かな未来があるように

千という漢字の成り立ちに「集まった人」という意味があるように、名前に込める願いのも、千という数の単位の大きさによるものだけではなく人との繋がりや人との出会いというのも含めることが出来ます。

古風で和風な雰囲気を持つ漢字ですので、女の子の場合でしたら女性らしいおしとやかな雰囲気を、男の子なら日本男児らしい雰囲気を名前に加えることが出来ます。

最近では名前に和風なイメージを加えたいという方も多いようですので、千という漢字はそのイメージにピッタリです。

「千」の読み方いろいろ

千の漢字の読み方はあまり多くはありません。音読みでは「セン」、訓読みでは「ち」、名前に使える名のりでは「かず、ゆき」があります。

読み方が少ないため、読み間違えられることがほとんど無いというメリットを持っています。

千は男の子の名前にも女の子の名前にも使われている漢字ですが、読み方は男女ともほとんど「ち」の読みで使われています。

名前で「ち」という響きはかわいらしくもあり、どこか俊敏さも感じさせ、名前に「ち」を加えたいという方は多いようです。

「ち」という読み方をする漢字は他に「知」「智」「治」などがあります。いずれも名前によく使われる漢字です。

これらと比べると「千」は3画でとてもシンプルな漢字です。

画数の多い漢字と組み合わせても重くならずバランスが取りやすいとも言えます。

組み合わせる漢字や画数、見た目の雰囲気などで「ち」の読みで使いたい漢字を選ぶと良いでしょう。

「千」の漢字の説明の仕方

  • 漢数字の千(せん)
  • 千と千尋の神隠しの千(せん)
  • 森高千里の千(ち)

「千」を使った熟語

一騎当千(いっきとうせん)
群を抜いた勇者、ずば抜けて強い勇者を例えた言葉です。また、学識・経験などが人並み外れた実力者のことを言います。「一騎」とは馬に乗った一人の兵士で、「当千」は千人に値するという意味を持っています。このことから、一人の千人の敵を相手に出来るほど強い、一人で千人に匹敵するほど強いことを表しています。「このチームには一騎当千の猛者がいる」のように用いられます。
一日千秋(いちじつせんしゅう)
非常に待ち遠しいことを例えた言葉です。ある物事や人が早く来て欲しいという願いが強く、一日が千年にも感じられるほど待ち遠しいという意味です。「一日千秋の思いで待っている」のように用いられます。

「千」を使ったおすすめの名前

「千」を使ったおすすめの名前をご紹介します。リンク先で姓名判断もできるので気になる名前があったらチェックしてみてください。

女の子の名前

千紗乃(ちさの)

「千」の漢字を頭文字に用いた3文字の女の子の名前です。「紗」という漢字には気品・しなやかさのイメージがあり、「乃」は柔らかい女性のイメージがあります。3文字のとも古風な雰囲気を持っている漢字ですが、この3文字を組み合わせることにより、日本的な女性の強さや気品、美しさを感じさせる名前になります。

おすすめの名前ピックアップ

⇒「千」を使った女の子の名前をすべて見る

男の子の名前

千隼(ちはや)

「千」を頭文字に「隼」の漢字を組み合わせた男の子の名前です。「隼」はハヤブサという勇ましい鳥の名前を表す漢字です。行動力・瞬発力・強さのイメージがあり、男の子の名前で人気の漢字となっています。この漢字に「千」を組み合わせることにより、さらに壮大なイメージが加わり、広大な空を駆ける逞しさを感じさせる名前になります。

おすすめの名前ピックアップ

⇒「千」を使った男の子の名前をすべて見る

「千」を使った名前

500 件の名前がみつかりました

前日(7月6日)
「名前に使える漢字」ランキング

順位 漢字 画数 読み いいね
1 8 助ける、かばって助ける、力を貸す。飲食をすすめる。報いる、お礼をする。許す、罪などを許す。 92
2 10 モクセイ科の植物、茉莉花(まつりか)。ジャスミン。 142
3 9 玉が透き通るように美しいさま。玉のように美しく、鮮やかなさま。玉や金属が触れあって鳴る美しい音。 62
4 12 太陽、日、日の光。ひなた、日が当たる側。明るく、暖かい。明るい、明らか、表に現れていること。いつわる、みせかける。うわべ、うわべの見せかけ。積極的、能動的なもの。 43
5 11 なぎさ、みぎわ。海や湖なで波が打ち寄せる所、波うちぎわ、陸地の水に接する場所、みずぎわ、みぎわ。 46
6 8 やわらぐ、なごむ、なごやか、のどか、うららか。静まる、柔らかになる、和らげる、仲良くなる。あえる、混ぜる、調合する。合わせる、合う。整う。調子を合わせる。ほどよい様子。大和、日本。海上が穏やかな様子。 33
7 11 時間的または空間的に遠い、はるか、永遠。どこまでも続く様子。ゆったり、のんびりしている、のどかな様子。気の長い、急がない。 104
8 12 あおい。アオイ科の植物の総称。 110
9 8 くる。きたす、きたる。こちらにやってくる。これから、これから先、この次の。時間的にこれからくる未来や将来。ねぎらう、いたわる、励ます。 19
10 13 そう、あお。青と同じだが青空を指す言葉に多く使われる。より濃い青。壮大で神秘的なもののたとえ。 95

前日(7月6日)のランキングへ

不具合/ご要望

ツイッターも更新中!

お気に入りに追加した名前一覧 「詳細へ」